規約

一般社団法人 日本自立支援介護学会会則

第1条(名称)

本会を[日本自立支援介護学会] Japan Society of Care for Independent Living (JSCI)と称する。

第2条(目的)

日本自立支援介護学会(以下本学会)は、高齢者・障害児者及びその介護にかかわるすべての人々に対して、
自立支援介護に関する学術研究、知識・技術の向上を図りその成果を広く社会に還元し、 もって高齢者・障害児者及びその家族、地域社会の自立とQOL(生活の質)の向上を図り、
わが国の 福祉の発展に寄与することを目的とする。

第3条(事業)

本学会は第2条の目的のため次の事業を行う。
 2 日本自立支援介護学会学術集会の開催。
 3 学会機関誌の発行。
 4 自立支援介護に関する研修会、講習会及び普及啓発事業。
 5 自立支援介護に関する教材の作成と頒布。
 6 その他本学会の目的にかなう事業。

第4条(事務局)

本学会事務局を高齢者リハビリテーション研究所(〒160-0008 東京都新宿区三栄町8森山ビル東館 5F)に置く。

第5条(会員)

本学会の趣旨に賛同する者は所定の手続きをとって次のいずれかの会員となることができる。
 2 施設会員:施設、事業所単位として入会を希望する者。
  法人会員:複数の施設、事業所を有する法人企業・団体等であって、当該法人・企業・団体として入会を希望する者。
 3 施設会員の所属する領域及び個人会員の職種・資格は特に定めない。
 4 会費は別に定める。
 5 会員は学会機関誌、諸通知を無料で配布される。
 6 退会の申し出がなされた場合、もしくは理由のいかんにかかわらず3年間会費を納入しなかった場合、
  もしくは会員としてふさわしくない行為を行った場合のいずれかに該当すると役員会で判定さ れた者は退会とする。

第6条(役員)

本学会に学会長1名、理事若干名、事務局長1名の役員を置き、役員会を構成する。
 2 理事は社員総会において選任される。
 3 学会長は理事の互選により選任され会務を統括する。
 4 事務局長は学会長が指名し理事の承認を得て選任される。
 5 途中退職役員の後任任期は前任者の任期終了までとする。
 6 役員会が必要と認めた場合には本学会に顧問を置くことができる。
 7 役員会は学会長の招集により、もしくは役員の3分の1の請求により開催される。
 8 役員会は役員定数の2分の1の出席をもって成立する。
 9 役員会の議決は出席役員の2分の1以上の賛成をもってなされ、可否同数の場合は学会長が決する。

第7条(委員会)

本学会の運営及び活動を促進するために委員会を設けることができる。
 2 委員会の委員は学会長が委嘱する。
 3 委員の任期は2年とし、再任は妨げない。
 4 委員会には担当理事を置く。
 5 委員会の運営等に関する規定は理事会の承認を得て別に定める。

第8条(総会)

本学会の民主的かつ円滑なる運営を図るため年に1回の会員総会を開催する。
 2 総会は学会長の招集により開催される。
 3 総会は、学会長から一年間の活動及び状況報告と会員からは報告に対する意見、希望等を発言し、学会発展のための意見交換の場とする。

第9条(会則・付則の改廃)

本会則の改廃は付則を除き社員総会の議決をもって行う。
 2 付則の改廃は役員会の議決をもって行う。

[付則]
付則第 1 条(会費等)

本学会の会費を次のように定める。
 施設会員は、年会費 30,000 円
 個人会員は、年会費 3,000 円
 法人会員は運営施設の定員数に応じ年会費を定める

定員数 50人以下
51人以上 100人以下
101人以上 200人以下
201人以上 300人以下
301人以上 500人以下
501人以上 1,000人以下
1,001人以上 2,000人以下
2,001人以上 5,000人以下
5,001人以上
年会費 30,000円
70,000円
100,000円
120,000円
150,000円
200,000円
400,000円
600,000円
1,000,000円

 賛助会員は年会費1口50,000円(1口以上任意の口数とする)
 2 会員は年会費のほかに特別賛助金を支払うことができる。
 3 学術大会参加費は別途徴収する。

付則第2条

本学会の事業及び会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

付則第3条

本会則は平成26年9月1日より施行する。